4歳の子供となれば、幼稚園や保育園などに通っている子供も多く、だんだんと視野も広がり様々なことに興味を持つようにもなるでしょう。このようなことから、おもちゃのサブスクで4歳の子供にピッタリの玩具を探したいと考えているのであれば、知的好奇心を満たせる玩具を選ぶことが1つです。保育園や幼稚園での生活をスムーズに過ごすことが出来るように、ルールのある遊びができる玩具を選ぶことも有効といえます。また社会性を高められるようにするためにも、友達や仲間、家族と一緒に遊べるものを選ぶことも良いでしょう。

子供は友達と同じおもちゃを譲り合い遊ぶことによって、一緒に遊ぶことや作業することの楽しさを知るものです。友達の気持ちを汲み取ることの大切さ、また万が一喧嘩が生じたとしても折り合いをつける方法を学んでいきます。おもちゃのサブスクでルールがある玩具を与えることにより、規範意識を育てることにもつながります。特に勝敗がつく玩具であれば、負けてしまった場合の悔しさなどを通し、向上心のアップにもつながります。

おもちゃのサブスクには4歳の子供にもピッタリの玩具が多数ありますが、その中でも人気を集めているものが、ドーナツのおもちゃを積み上げていくものです。トングを使い倒れないようにドーナツを積み上げていくことで、手先の器用さを育むことができるでしょう。複数人で遊ぶことでルールがあることの楽しさも学ぶことができます。