最近は、幼い頃からたくさんの習い事をしている子供も珍しくありません。赤ちゃんの頃から通うことが出来る習い事もたくさんありますが、自我が芽生え始める2歳になると何か習わせたいと幼児教室に通わせることを検討する親御さんが増えてきます。周囲でも2歳から習い事や幼児教室に通い始めているからと言って、我が子にもそうさせようと考える親御さんもいるかもしれません。けれどその場合は、我が子の発達の状況を鑑みることが大切です。

同じ年齢、学年だからと言っても、子どもの成長は個人差が非常に大きいものです。他の子が出来ていることが我が子が出来ていない、ということはよくあります。2歳から通うことが出来る幼児教室は数多くありますが、まずは大人の話を聞いて理解することが出来るかどうかが重要です。教室に入れば先生の話を聞いて理解し、指示にも従わなければいけません。

それが出来ないのであれば、せっかく通ってもあまり意味が無いとも言えます。日常生活の中で父母や祖父母の話を聞いて理解し、指示した通りの行動が出来るかどうか注意深く見守りましょう。もしそうしたことが出来ない状態であれば、教室に通って活動するのは子ども自身が苦痛になってしまうはずです。2歳になったけれど、まだ大人の話や指示を理解できていないと感じるようであれば、焦って教室へ通わせる必要はありません。

子どもの成長を待って通い始める方が、子供も楽しく通い続けることが出来るはずです。