カードローンは本来銀行の融資です

カードローンは本来、銀行融資の一つとされていました。現在は消費者金融の主力商品となっていますが、定義上は銀行や信用金庫などの提供するカードタイプのローンとなっています。消費者金融も同様のローンを用意していますが、キャッシングという呼び名を使うことが多いです。カードローンの特徴は、カードを使って借入することです。

ローン専用カードを使用する場合と、金融機関の口座用キャッシュカードを使用するタイプがあります。後者はカードを1枚にまとめることができるので便利です。また、クレジットカードにもローン機能を付帯することができますが、この場合はキャッシングと呼ぶのが一般的です。銀行のカードローンを利用される方は、申し込みをする銀行口座があると審査で有利となります。

貯蓄性の預金商品を利用している方なら、さらに審査に通過しやすくなります。口座を有していることは、信用の確立につながるのです。当銀行の住宅ローンを利用していれば、カードローンの審査も有利になることが多いです。また、金利優遇を受けられることも多いので、現在住宅ローンを利用している銀行があれば、カードローンを用意していないか確かめておくといいでしょう。

ローン利用において最も重視するべきは、お得に借入できることです。金利が低くて繰り上げ返済が行えるローンを選びましょう。いつでも返済できることは、地味ながら非常に大切なポイントです。利息は日数計算なので、早期完済するほどお得になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です