個人用のカードローンの特徴と種類

カードローンは、金融機関に現金の借り入れを申し込み、ATMから現金の借り入れや返済手続きをカードを使って行われます。専用のローンカードを作成して、利用するため、カードローンと呼ばれています。契約時に借入限度額が決められ、元本と利息を差し引いた範囲内なら、何度でも借りられるシステムになっていることが多く、原則として無担保や保証人なしで借りられ、分割払いで返済する形がとられています。カードローンには、消費者金融やクレジットカード等の信販会社の貸金業系と、銀行や信用金庫等の金融機関で扱われている物があります。

貸金業系の場合は、総量規制が適用されるため、確実に収入がある方でないと申し込めませんし、収入の3分の1までしか借り入れができないため、借金の借り換えや一本化に使うには向いていません。しかし、利用者の利便性を考え、審査が迅速、初めての利用者に無利息期間を設けている所が多いというメリットもありますので、給料日までのつなぎや、必要最低限の金額のみ借り、すぐに返済するような使い方する方には向いています。銀行や信用金庫等の金融機関では、営業エリアに在住もしくは勤務している方でないと申しこめなかったり、審査に時間がかかったりする場合があります。しかし、審査に厳しい分、金利面が優遇されていたり、総量規制が適用されないため、貸金業系のカードローンよりも限度額が大きくなったり、無職の方でも配偶者に収入があれば申し込めるというメリットもあります。

該当する金融機関に預金口座を持っている場合は、即時の振り込みや返済に対応できますし、金利や銀行の各種サービスの利用時に特典を受けられます。口座を開設している銀行でカードローンを扱っている場合には、選択肢の1つとして考慮するといいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です