過払い金とカードローン

古くからカードローンを利用していた人の場合、過払い金がある可能性があります。貸金業法の改正にあわせてグレーゾーン金利が過去に遡って撤廃されることとなりました。そのため過去に金利20%以上で借り入れをしていた人は金利をはらいすぎていることになるのです。200万円借りていて金利が18%の人にも過払い金は発生しています。

なぜなら利息制限法では100万円以上の貸出に対しては上限金利が15%までとなっているためです。借り入れ金額が大きくなればなるほど、数パーセントの金利が非常に大きな支払いとなります。もし過去に高い金利を払っていた場合は、弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。ただし過払い金には注意点があります。

カードローンの契約が続いている場合は現在も請求権が残っていますが、完済していると時効が発生するためです。過払い金の時効は10年となっていますので、おまとめローンなどで他のカードローンを完済していた場合、早期に時効が来てしまう可能性があります。時効を迎えてしまうといかなる理由があっても請求することができません。また会社が倒産してしまっている場合も請求が難しいでしょう。

大手消費者金融の多くは銀行グループ傘下に入っています。例えば銀行の一部に吸収されている場合でも、破産したわけでなければ請求することができます。過払い金請求は成功報酬製となっているものも多くありますので、請求を起こして逆に支払いが多くなってしまう心配はあまりありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です