カードローンの支払額の決定方法

カードローンは基本的に借入残高に応じて支払い金額が決まる、リボルビング返済方式となっているものがほとんどです。例えば30万円以下であれば月7000円、50万円以下であれば1万円、100万円以下であれば2万円などのように、残高によって支払い金額が変わります。カードローンで注意をしなくてはならないのは、支払い金額が小さくなると返済期間が長くなってしまうという点です。月々の負担は小さくなりますが、その分返済期間が長くなると、トータルで支払う利息は大きくなってしまうことがあるのです。

完済を目指すのであれば、無理のない範囲で随時返済すると良いでしょう。キャッシングの場合は随時返済の手続きが難しいものもありますが、カードローンの良いところはATMで好きなタイミングで返済ができるというところです。利用残高が増えると月々の支払い金額も大きくなります。特に金利が高いと元金がなかなか減らず、毎月利息を払って終わってしまうこともあります。

月々の支払い金額が少なくて済むようなカードローンは一見便利そうですが、長く利用する場合は注意して契約するようにしましょう。銀行のカードローンは特に利息が低く見えますが、支払い金額が小さいことによって総支払額が大きくなる傾向があります。利用をしたら必ず自分で管理することが大切です。当然途中で借り入れをするとさらに完済が長引いてしまいます。

ただし長い間利用していると契約内容の変更申請ができるようになりますので、金利の引き下げ交渉をしてみると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です