中古車を買うときのポイント

中古車と新車で大きく違うのはやはり相場です。中古車は新車と違って、年式や走行距離、グレード、車種の人気度などによって大幅に相場が変わってきます。中古車の程度の良い悪いは走行距離や年式によって決まってきますが、必ずしも走行距離が多かったり、年式が低いものか程度が悪いとは言えません。走行距離が長かったり、年式が低くても人気があるものは存在しますし、あなたの希望するような中古車はあります。

基本的には年式の古い車は安くなりますが、ただ年式が古いため汚れも多く傷があり安くなっているわけではなくて、車種のモデルチェンジによって車の燃費が良くなったりエコカーの減税対象になって使いやすくなったり、エンジンのパワーが上がるなどの機能が全体的に向上することによる機能の変化や装備の有無で、価格差が変わってくるのです。なのでそれほど古くない車などもモデルチェンジによって価格が下落する場合もあるので、あまりモデルチェンジなどにこだわりのない人は中古で買った方が比較的に安く買うことができます。しかし新型の車のモデルチェンジがあまり人気がない場合には旧型の車が急に高騰することもあるので、フルモデルチェンジの動向をチェックしてしっかりと見定めをすることが大切です。中古だからといって程度を判断するのではなくて、むしろそれまでのその車の扱われ方によって程度が変わってくるというのを念頭においたほうが、より良い車を入手できます。

自社ローンのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です