中古車を売る絶好のタイミングとは

愛車をいつ売ったらいいか、タイミングが分からなくて困ってる人もいるかもしれません。確かにそれは大いに迷うところですが、基本的な姿勢は一つしかありません。それは、なるべく早く売るということです。タイミングでいえば、今すぐ売るのが最も理想だといえます。

なぜそんなことがいえるのかといえば、車は時間の経過によってどんどん古くなる乗り物だからです。どんなに立派な高級車であっても、所詮は機械であり、機械は何もしなくても時間が経てば老朽化していきます。新車だって半年もすれば中古車と呼ばれるように、時間というものは確実に車の価値を衰えさせていくものなのです。だから、その商品価値が古くなってしまわないうちに早く売ったほうがいいのです。

そしてそういう意味で中古車を売る最高のタイミングは、今しかありません。ただし、中古車買取相場は季節や流行などによって動くこともあり、もう少し待ったほうが相場が上がって高く売りやすくなるということもあります。例えば、4WDの中古車を北国で売る場合は、夏より冬のほうが高く売れるので、もし今が夏であれば、もう少し待って冬が来てから売ったほうがいいでしょう。また、ボーナス時期には中古車全体の需要が増えて買取相場も上がるので、もう少し待てばその時期が訪れるという状況なら、その時を待ってから売ったほうがいいでしょう。

ただしこうした場合でも、車を売るときの基本姿勢はやはり変わりません。すなわち、できるだけ早く売ることです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です