中古車購入と自動車税

中古車を購入するにあたっては、目先ではその車体そのものの価格が割安であるかどうかが重要とはいえますが、長い目で見れば、その後の維持管理にどれだけのお金がかかるのかということも重要となってきます。そこで、中古車を購入したあとで必要となる税金についても、ある程度の知識を持っていたほうがよいといえるでしょう。たとえば、中古車にかぎらず、自動車を所有している人が毎年支払わなければならない税金として、自動車税とよばれるものかあります。この自動車税は、原則として毎年4月1日時点で車検証に所有者として登録されている人について、自動車の排気量の区分に応じて、都道府県により課税されることになっています。

もしも自動車ローンなどによって分割払いで購入したという場合には、車検証では所有者の名義はローン会社になってしまっていますので、例外として使用者である人のほうに課税されます。また、軽自動車についても、しくみそのものは自動車税とほとんど同じですが、排気量が一律に低いということから軽自動車税という別の種類の税金が課せられることになっており、この場合は市町村に納付する税金となっています。このようなことから、中古車を購入する場合には、4月1日時点という税金のしくみ上、購入した年には自動車税がかからないか、ディーラーを通して前の持ち主と按分するようなかたちで差額分だけを支払うというのが普通ですので、いずれにしても、本来の税金の総額よりは安くなっているはずです。そのため、翌年から高い金額の税金を請求されておどろいてしまうということもありますので、事前にしっかり確認しておくのがよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です