中古車査定の前にやっておきたいこと

中古車を査定に出すとき、なにもしないでそのまま業者に持ち込む人もいます。値段のことを何も気にしないのであればこれでも構いませんが、少しでも高値を付けたいと思うのであれば、いくらかでも手入れをしてから出したほうがいいでしょう。この場合の手入れとは、決してお金をかけて大々的にやるカスタムや修理のことではなく、車を見た人の第一印象を良くできるような、外面的な部分の手入れのことです。すなわち、ボディーや窓ガラスを綺麗に拭いたり、社内のゴミを清掃したり、嫌な臭いを除去したりすることです。

こうしたことは日々のメンテの中で行ってきたことかもしれませんが、査定前に改めて行っておきましょう。そうすれば、査定業者の第一印象を良くすることができ、査定の評価を上げることができるかもしれません。重要なことは、手入れを行った部分が評価されるということだけではなく、見た目を綺麗にしておくことで、それ以外の重要な部分を査定するときの姿勢を前向きなものに変えられるということです。つまり、見た目の汚い中古車であれば、その見た目の悪さが全ての査定に影響して、全体の評価を下げてしまう可能性があります。

しかし、あらかじめ見た目を綺麗に整えておけば、それによって全ての査定が前向きなものになり、全体の評価を上げることができるのです。こうした連鎖的な好影響がありますので、中古車を査定に出す前には、必ず出来る範囲で手入れをしておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です