中古車を上手に購入するには

中古車は他人が一度乗って手放した車なので、それぞれに良し悪しが有り外見だけでは見分けがつかないことが多いものです。安いと思って購入したら不具合が沢山あって修理費などでかえって費用がかかってしまったり、中には修復不能なトラブルが発生してしまうことも有ります。また最近では殆ど見かけなくなりましたが、悪徳な業者の中には事故車を偽って販売するケースも有るので注意が必要です。良い中古車を選ぶには、いくつかのポイントが有ります。

まずはその車種の相場を知ることです。相場を知ることによって、極端に安い場合には何か理由があると考えることが大切です。一般的に中古車の価格はその車の人気度と走行距離によって決まるものなので、走行距離が少ない人気車なのに極端に価格が安い場合などは、その理由が必ずあります。さらに、実際に試乗する際には意識してチェックすることが大切です。

例えばアクセルをふかしたときに吹き上がりに違和感がないか、ハンドル操作はスムーズか、ブレーキを踏んだ際の車体のふらつきはないかなどを意識しておくことが大切なのです。最近ではメーカー系の販売店が中古車を扱うことが多くなっています。車の状態を見極める自信がない人はこのようなところを利用するのも一つの方法です。メーカー系の販売店が自社の中古車を扱う場合には、新車と同様のサービスを受けられることが多いものです。

一定期間の保証はもとより、不具合が有った場合には自社のサービス工場で迅速な点検整備が受けられるので安心です。オートローンのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です