欠陥のある中古車でも売れる

中古車どれもこれもピカピカで、まったく欠陥のないものでなければならない。そうでなければ売ることすらできないと思ってる方もいます。しかしこれは、まったくの誤解であるといわなければなりません。なぜなら、実際の中古車市場では、外装の汚い車や欠陥を抱えた車でも買取されているからです。

しかもそれは決して珍しいケースでもなく、ごくごく普通に日常的なこととして行われています。したがって、中古車はピカピカでなければならない、また欠陥のないものでなければならないというのは、まったくの誤解です。いいえそれどころか、車に事故歴があったり、複数回の修復歴があっても買取されます。もちろんその場合はかなり低い査定額にはなりますが、それでも事故を起こした車にちゃんと値段がつくのです。

こんな話を聞いても信じられないという方もおられると思いますが、でもこんな話はまだ序の口です。もっと信じられない話をすれば、なんと中古車市場では、水没車や廃車でも買取されています。これは確かにレアケースになりますが、それでも実際にそういう車にも値段が付けられ買取されているのです。では、なぜそんな状態の車に値段がつくのでしょうか。

ここを知らなければなりませんが、ここを知れば全てに納得できます。水没車や廃車に値段がつく理由は、一つは、車は動かなくてもリサイクルパーツとして再利用できるからです。そしてもう一つは、水没車でもまだ走る車なら、外国で売ることができるからです。つまり、そんな車にもまだ需要があるということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です