中古車査定とオプション

中古車査定では、年式や走行距離、ボディの状態などが影響してきますが、グレードや装備ももちろん査定の対象となります。上級グレードを購入できる人以外は、低いグレードにオプションパーツを装着して購入しますが、中古車査定ではオプションパーツに関しても査定の対象となります。査定に加算されるオプションパーツは、後から簡単に取り付けられるものではなく、購入時にしか装着できないものが高額査定の対象となってきます。サンルーフや電動スライドドアなど、アフターパーツとしてはほとんど取り扱いのないオプションは、基本価格の上に加算がされやすくなります。

高価なオーディオやナビゲーションシステムもプラス査定の対象となる場合がありますが、好みの機種を取り付ける人にとっては不要な装備となるため、査定額にはそれほど反映しないケースもあります。購入者にとって望ましいオプションがプラス査定の対象となりますので、不要なパーツはマイナスにもプラスにもならない傾向があります。新車の購入時には、手放す際の査定を意識してオプションパーツを装着するのもよい方法となります。オプションには装着できるものの他にボディカラーもあります。

特別塗装色と言われていますが、人気の高いカラープラス査定の対象となりますので、新車購入時に選択しておけば中古車として手放す際にも有利だといえます。オプションパーツはプラス査定の対象となるものもありますが、査定額に影響しないパーツもあります。オートローンのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です