グレードでも価格が変わる中古車

中古車は1台ごとにコンディションが違いますが、装備の違いやグレードの違いから同じ車種でも価格が変わってきます。グレードの違いでは装備が異なってきますが、上級グレードにしか装着できないオプションもあり、購入後に満足感が薄れてしまうなど失敗も出てきます。上級グレードでオプションを多く装着している車は価格も高くなりますが、中古車ですから必ずしもオプション装着車にメリットがあるわけではないといえます。特にカーオーディオやナビゲーションシステムなどは、新しい機種が次から次へと開発されているため、オプションで装着されている古い機種よりもアフターパーツとして取り付けたほうが満足感が高くなります。

オプションが装着されていない安い車を購入し、後から自分で好みのパーツを取り付けたほうが結果的に安く満足度も高くなります。オーディオやナビゲーションシステムだけではなく、社外品のアルミホイールも流行が変わりますし、新しい商品が販売されています。中古車はグレードやオプションで価格が変わりますが、必要がない装備がついていると割高感が出てしまうため、選択する際には注意が必要です。一方で新車の購入時にしか取り付けできないオプションを希望する場合、割高になっても仕方がない部分もあります。

サンルーフはアフターパーツとして取り付けることがほとんどできませんので、装着された中古車を探すしか希望を満たすことができないといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です