浅草とスカイツリーの位置関係について

東京に観光旅行へ行こうと思った時、いくつか訪れたい場所をピックアップすると思います。

そんな中に含まれていることが多いのが、浅草とスカイツリーという2大観光地です。前者は1000年以上の歴史がある『ベテラン観光地』であり、後者は数年前に開業した新しい話題のスポットであるという違いはありますが、東京を代表するような素晴らしい場所であるという事実は同じです。そんな両者の位置関係や近さは、実際どうなっているのでしょうか。浅草は台東区にあり、スカイツリーは墨田区にあります。しかしその両方の区は隣接しており、隅田川を挟んですぐ行き来できるような位置関係なのです。

従ってこの二つの観光地は、非常に近いと言うことが出来ます。実際に浅草の街中からはスカイツリーを眺めることができるスポットがたくさんありますし、雷門通りや合羽橋通りからは『昔ながらの街並みと巨塔』という今昔入り乱れた面白い風景を楽しむことができます。また隅田川沿いに行くと、川とアサヒビール本社、そしてスカイツリーという絵葉書のような光景を楽しむこともできます。

この二つの観光地は、地下鉄で移動しても2駅という近さです。路線バスも運行されているので、交通手段に困るということはありません。気候が良い季節であれば、歩いてみることもおすすめです。大人の足で30分程度の距離感なので、お散歩コースとしては丁度いいかと思います。有名な二つの観光地ですが、距離が近いので同じ日に観光をして回るというのも効率が良くおすすめです。楽しい東京旅行にするために、色々と調査して計画を進めていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *