浅草のホテルが観光に向いている理由

国内はもちろんのこと、昨今は空前の日本ブームが世界各地で起こっており海外からも多くの観光客が東京と訪れています。

その影響から都内では宿泊地が連日満室の状態が続き、観光ホテルだけでなくビジネスホテルや旅館といったあらゆる宿泊施設で観光客を受け入れるようにと、観光庁が通達を出しているほどです。東京では観光客向けの宿泊施設は品川区・港区・新宿区に有名ホテルがありますが、観光に向いている場所と限定すれば浅草のホテルがその条件を含んでいるところです。

浅草のホテルの場合は、もともとはビジネスで東京を訪れている方向けの規模の小さなホテルになっていてその分、1日あたりの宿泊費が5000円~6000円と安い特徴があります。アメニティやサービスが最小限で、泊まるだけという目的であれば問題なく利用できるところです。この浅草のホテルが観光に向いている理由とは、徒歩圏内に東京を代表する観光名所があるからです。

台東区は半径8kmの地域で、この中に浅草寺雷門・仲見世・東京スカイツリー・両国国技館・隅田川があります。約2時間ほど歩けばすべてを見て回れる訳ですから、1箇所ずつ時間を掛けてゆっくりと観光するには打って付けの場所といえます。旅行の場合、観光するのにハンデとなるのが大きな荷物です。トランクを引っ張りながらだと疲労も激しくて楽しく観光をしにくいものですが、宿泊地が近くにあれば荷物を置いて手ぶらで見て回れるのも良い点といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *