町の雰囲気に合う浅草のホテル

最近は日本の宿泊施設もベッドがある洋室がほとんどです。

日本人の家もどんどんフローリングの部屋が多くなり、畳の部屋がないという方も多くなってきました。時代の流れの中で、東京の街にも高いビルが立ち並び近代化の景色が日常にになり、日本人でさえ良き日本を懐かしむ気持ちを持つ方がとても多くなっています。昭和から平成、そして令和という時代になったからこそ、もう一度日本の歴史を振り返りたいものです。それほど遠くに行かなくても浅草に行けばタイムスリップしたような光景と人情に出会う事が出来ます。

浅草寺や雷門、仲見世などを着物をレンタルして歩けば、気分はその時代にタイムスリップできます。こんな素敵な雰囲気の浅草を観光するのなら、ぜひ宿泊施設にもこだわる事をおすすめします。浅草のホテルなら旅館浅草指月をおすすめです。こちらは浅草で旅館を営んで80年の老舗の浅草のホテルなんです。

現在は6階建ての為に、旅館のイメージよりは近代的な感じを持ってしまいますが、日本人特有のおもてなしをする心は、この町の雰囲気にぴったりであり、畳のある和室でお布団を敷いてゆっくりとくつろぐことが出来ます。家族連れはもちろんですが、1人やカップルの方に最適な和室もあるので、少人数でも和室に宿泊可能です。こちらのホテルに泊まったら6階にある檜風呂に入ってみて下さい。檜の良い香りを感じながら暮れゆく空に目をやると、浅草寺の五重塔のシルエットを見る事が出来ます。観光客だけではなく、近場の方も懐かしい時代を感じられる浅草のホテルに宿泊する事をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *