外国人の利用が増えている浅草のホテル

外国人に人気の高い東京の観光地と言えば、浅草です。

そんな浅草のホテルで今注目を集めているのが、古き良き日本の旅館です。下町文化が根付く浅草だからこそ、老舗の旅館も数多く残っており、日本の旅館文化を気軽に体験することができると評判であります。外国人にとっては、畳の部屋で布団を敷いて眠るということ自体がい文化体験であり、日本の滞在でしか体験することができない貴重な文化として受け入れられつつあります。

浅草のホテルは高級ホテルや新設のホテルが次々とオープンして入るものの、あえて旅館に泊まりたいと考える外国人観光客が多いです。浅草の老舗旅館では、日本のおもてなし文化を心ゆくまで堪能することができるため、外国人の予約が増えている状況です。朝食付きのプランでも5千円から8千円程度の手頃な価格で旅館に滞在することができる手軽さも人気の理由となっていて、インターネットからの予約を受け付けています。

日本の旅館文化というのは、外国人にとって珍しい体験をすることができる場所です。温泉に入って座敷で眠り、朝食をいただくという事自体が異文化体験に繋がります。浅草のホテルの中でも旅館が選ばれている理由は、比較的料金が安いこと、新たな異文化に出会うことができ、気軽に体験をすることができるため、日本に来て旅館に泊まることは、外国人にとって楽しみの一つになりつつあります。旅館を利用する外国人は、年々増え続けているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *