雷門のお参りにはホテルを拠点として

創建1300年以上都内最古の寺院と言われる浅草寺が、浅草では観光の中心です。

周辺には老舗の食事処や日本の伝統文化を楽しめるスポットが集まり、国内外から多くの人々が訪れています。近年は奥浅草エリアにおしゃれな店や、ホテルが急増中です。風神雷神が両脇に鎮座している浅草寺の雷門は、重さ約700キロの巨大提灯がつりさげられていて、この雷門を背景にして写真をとる人も多くいます。いつも雷門は混雑していますので、譲り合って撮影するようにしてください。浅草寺へお参りに行く場合、浅草駅の周辺に宿をとってから向かうのがいいでしょう。

浅草駅周辺には多くのホテルが建っていて、遠くからお参りに行ってもこれらのホテルで宿泊すれば安心してお参りすることができます。下町の情緒あふれるたたずまいの宿もたくさんありますので、宿を拠点にしてしっかりと楽しんできてください。雷門といえば仲見世通りです。この通りは江戸時代から続く参道で、この通りの周辺には人形焼や団子、かりんとうなど浅草を代表する名物が、勢ぞろいしています。

なおこの通りでは食べ歩きが厳禁になっていますので、店舗の飲食スペースや宿に持って帰り味わってください。また浅草には伝統文化を体験することができるスポットが、目白押しです。着物をレンタルしたり飴細工や落語鑑賞などどれも気軽にチャレンジできるものばかりです。浅草のホテルに宿泊して、古き良き日本の魅力に触れてみてはどうでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *